道具

額縁比較

久々にどうぐの記事upです☆ welcomeボートの額を注文していて、ラブメモフレームversion2と、サクラクレパスの額が手元にあるので、覚え書きも含めて記事にしてみます♪ まずは、ラブメモフレームホワイト 1468629987762.jpg
中の印刷物は宮本あすかさんの素敵な作品の印刷されたのがはいってましたよ♪ スライド式でかなりの厚みがある作品も収納できます☆ 1468629988924.jpg
私の作品いれてみました、お花ポップアップさせてますが、余裕ではいりました(*^^*) 裏側はこうなってます
1468629989831.jpg
そしてサクラクレパス、手元にアンティークホワイトと、アンティークブラウンをもっているのでup
1468629990636.jpg 1468629991443.jpg

中にはいる厚さは1㌢ぐらいです。フラワー2.5㌢サイズのお花は収まりますが、ポップアップさせたフラワーは少しきついです(。>д<) 枠は木の雰囲気があり額!って感じです☆ 作品入れ換えは裏面からします 1468629993661.jpg
やっぱり額にいれると作品何倍も素敵になるので、ひとつは持っていて飾られるとすごい素敵ですよ(*^^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーツつくり☆

最近講習ができないので、講習できるようになったときのために、パーツをちょこちょこつくってます^^
私は、ダイカットマシーンを持ってるので、たくさんパーツが量産できるのですが、普通家で自分でやる場合って、道具ってそろえにくいですよね?
お金を掛けなくても、飾れるパーツをご紹介shineたいした情報ではないかもしれませんが(^-^;

まずお勧めは、パターンペーパーを切り抜く方法
Dsc_1387
パターンペーパーには表裏柄があるのがあって、それを切り抜くことによって、ジャーナルや、ボーダーができますshine
Dsc_1391
これ全部ペーパーからカットした分です、柄を切り抜いて、飾りにするのもよく使います☆
こちらはステッカータイプです、ちょいと割高ですが、のりつきなので、簡単に貼れます
Dsc_1386
そして、ダイカットマシーンで、抜いた、つたシリーズです
Dsc_1384
わりと細かい柄が抜けるのですが、一回一回くるくるするので、ちょっと面倒くさいです・・・
ダイカットマシーンについては過去のブログを参照くださいこちら
そして、パチンで抜いたツタシリーズです↓
Dsc_1385
大量生産向きですが、大きさがわりと小さめなので、カードや小さい作品向きですclub
一番お気に入りのパンチは、シンプルサークルパンチ
Dsc_1390
なにせ使いやすい☆左上はダイで、右上がパンチ、そして赤と緑はクリエイティブのカッターですが、サークルだけで作品でできますよup
下のサークルは、余った端切れペーパーを有効活用しました
Dsc_1389
そして、タイトルですが、パンチや、ダイカットを使用して、凝ったつくりにするのもいいのですが、長方形のペーパーに、スタンプを押しただけでも、立派なタイトルになります☆
Dsc_1392
上部のは、スタンプした後に、セットのパンチで切り抜いたものですが、下のサークルや、文字入りはただスタンプしただけですが、立派にタイトルでつかえますよ~heart

ぜひご自分で、パーツつくりしてみてくださいねshine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギフトBOXスタンプ研究☆

昨日UPしたギフトBOXのその後ですshine

まず、クリアスタンプを使った作品、こちら持ち手はなく、台紙からはがして、右下のアクリル台に貼って使いますshineシリコン材質や、アクリル台に貼ってあるのは、印面がゴムとスポンジがついてるので、後者のほうが、つぶれずきれいに押せますheart04
インクは、左がツキネコのクラシック、線がが得意で、きれいにでます☆
右は最近手に入れた、ヒロアーツのシャドウインクこれは研究中なのですが、線画には向かないかな?でもきれいな色です☆押した直後はぼやけるのですが、しばらくすると、紙になじんで、いい感じになりますnotes
Dsc_1036
次にウッドスタンプ一般的なスタンプですよね^^
持ち手が木のもち手になってます、他にもスポンジ持ち手のスタンプもありますが、やはり木の持ち手のほうが、力のかかり方が分散されてきれいに押せますup
インクは、左がバーサマジック、速乾性の水性インクで、一番使ってます^^
左はカラーキス、画像はスタンプカーニバル限定のインクを写してますsweat01こちらは速乾性ではないので、エンボスとかするときに重宝してますheart04
2つとも、べた面向きのインクだと思いますnote
Dsc_1037
最後に、クリアスタンプと、ウッドスタンプ、インクたちを使った作品です☆
Dsc_1038
そして昨日の送別会で渡したギフトBOX達
Dsc_1041
喜んでもらえましたーheart04皆様お世話になりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイとスタンプのコラボ

今日は最近お気に入りの、ダイ&スタンプの紹介です☆
まちゃこちゃんごめん、パンチの紹介は、ど~してもただの商品紹介で、おもしろく記事かけないので、今度うちに来たときに、ためしパンチして、説明するよshine


Heartfelt Creationsのダイとスタンプです。
Dscf8753
スタンプは、アンマウントスタンプで、クリア台につけて使用します。
まずはスタンプしてエンボス
Dscf8762
ダイカットすると・・・
Dscf8745
画像暗くてすいませんsweat01
実物はダイでエンボスもしてて可愛いですheart04
このフラワーを使って、カードを作ってみました☆
Dscf8754
スタイラスでこすると、もっとぷっくりして可愛いかもshine
作り方もっと勉強して、使いこなせるようになりたいですup



| | コメント (8) | トラックバック (0)

道具の紹介アルファベットダイ

今日は久々に道具の紹介です☆

タイトルに使うアルファベットを切り抜く道具なのですが、切り抜くマシーンと、ダイ(型抜き)が必要になります。

以前紹介した本体です
Dscf8261
右がビックキックで、左がカトルバグです。

アルファベットダイと使用作品です。
まずはQK Cookie Cutters(クイックカッツ クッキーカッター)のダイで
Dscf8605
ダイはばらばらにはいってます。
もうひとつクッキーカッターダイ、ロックスターです
Dscf8599
こちらは6インチ作品です。

次に同じくQKのダイでグランドサイズの大きいダイです
Dscf8600
ダイのサイズは4×4です

カトルのダイもあります
Dscf8606
ダイサイズは2×2です

こちら左の長細いダイがカトルで、ひらがなダイがリトルのダイになります。
Dscf8601
リトルのダイは、フェルト、スポンジシートが抜けますshine
ひらがなのダイをスポンジシートで抜いてるんですが、見えにくいので拡大
Dscf8684

他にリトルのダイ続けていきます
Dscf8596
少しちいさいひらがなです、作品は6インチです
Dscf8598
こちらも6インチ
Dscf8603
作品は12インチで、フェルト、スポンジシート抜けますshine

あとお勧めなのが左の黒いダイがSizzix(シジックス)のダイで、チップボード、フェルト、皮まで抜けますup右のダイはJeartのダイで、文字がつながっているので、ばらばらにならず、抜きやすいし、使いやすいです。
Dscf8609
ちなみに左がスポンジシートで抜いてます

| | コメント (8) | トラックバック (0)

マッチボックス

メリークリスマスイブですねxmas
今日は雪が降り、外で仕事の私は震えてました(笑)

今日はクリスマスイヴということで、マッチボックスを使ったラッピングを紹介ですheart04
スタンピンアップのマッチボックスダイです、
Dscf8303
左の黒いのがダイで、右の黄色い紙の形に切り抜けます。
これを組み立てて(ペーパー柄が違いますがsweat01
Dscf8306
こうなりますnotes左がカバーで、右が箱?になってます。
作家仲間のR325さんにお願いした素敵なストラップを入れてみますshine
Dscf8310
いかがですか?ちょっとストラップがピンクなので見えにくいですが、とっても可愛いですよ☆
リボンをかけて
Dscf8313
プレゼント ミー(笑)
ダイがあると大量生産ができるので便利ですheart

| | コメント (4) | トラックバック (0)

箱物のダイ

今日は、ビックキックと一緒に買ったダイのご紹介ですnotes
シジックスのBIGZ XLのダイで窓空きの箱が作れるダイですshine
Dscf8263
ロングパット使用で、Bパットではさんでカットします。
厚さのあるダイです。

できた箱物はこちら
Dscf8262
左がシジックスのダイでカットした箱で大きさは約 8.8×7.8×6.5cmです
右はスタンピンアップのマッチボックスですup
何を入れて遊ぼうか今は思案中ですheart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ビックキックとカトルバグ比較

マシーンを二台手に入れたので、比較をしてみました☆
本体です
Dscf8245
定規は30cmの長さで、白い紙はA4のコピー用紙です。
大きさは約ですが、
カトル約縦14cm横34cm高さ17cm(ハンドル込み)
ビック約縦36cm横31cm高さ15cm(ハンドル込み)
定規で大体で測ったので、正確な大きさではありませんが、参考までに。
カトルを広げるとこうなります
Dscf8261
カトルの長さ大体28.5cmです。

中に入ってるものビックキック
Dscf8250
他社ダイが使えるマルチパーパスと、透明のパット2枚です。(注)パットは透明なので、わかりやすく白い紙をカットして後に貼っています。

カトルバグ
Dscf8251
厚さの違うパットA、B(二枚組み)、Cです。他社ダイ使うときはそれぞれ組み合わせて使います。
(注)B、Cは透明です。わかりやすいようにBの後ろに白い紙をカットして貼り付けています。
大きさ比較
Dscf8253
右がビックショットで、真ん中がカトルバグ、左が参考にリトルのダイです。カトルの場合少し長さが足りません。

どちらのマシーンでも最初入ってる付属品でダイはカットできますが、ロングダイをカットする場合等別売りパットがいります。
ダイによっては抜けの悪いものもあり、カトルでは抜けにくいのが、ビックではすんなりカットできたり、ビックのほうが、私は抜きがいいように感じました。

抜け方検証
Dscf8255_2
使用ダイは、シジックスTimのフラワーダイです。
厚さのあるダイで、上から皮、フェルト、チップボードを抜いてみましたshine
使用感はどちらのマシーンでもすんなり抜けました☆
他のメーカーのダイでもペーパーだけでなく、フェルト等カットできるダイもありますup

エンボス
Dscf8259
カトルバグのエンボスです。右がカトル、真ん中ビック、左がエンボスホルダーです。
ビックは少し調節が必要でした。

私個人の意見ですが、ビックキックのほうが安定感があり使いやすいように感じましたheart04
ただコンパクトさではカトル圧勝ですし、どちらがいいかは、やはり好みになるのかなぁ~って感じですhappy01

今回の記事は個人的意見なので、サイズも大体なので、参考までに記事を読んでくださればうれしいですheart

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ビックキック

久々のブログ更新ですsweat01
11月まで怒涛のスケジュールだったので、12月に入り、気が抜けて、しばらくぼ~っと、過ごしていましたjapanesetea
ゆっくりしたお陰で、パワーも充電したので、ぼちぼち動こうかなぁ~と、思っていますheart04

さて、世間はクリスマスセールで、SBの世界でもショップでセールをやっていて、数々の誘惑を我慢していたのですが、これを発見した瞬間即買いしてしまいましたshine

ビックショットとデザインが違うだけの、マシーン、ビックキックが販売されていたのですshineしかもお値段格安でupビックショットの約半額ぐらいup

外観と、付属品はこちら
Dscf8225
ビックショットと比べて、私は持ち手がちょっと持ちにくいなと感じましたが,使い勝手は抜群ですnotes
プラットホームと、カッティングマット2枚組みがついているので、他社ダイでも利用可能ですshine

私はカトルバグユーザーだったのですが、どうしてもカトルで抜きにくいダイがあって、悩んでいた時に、見つけてしまったので、衝動買いですが、とても気に入ってますshine
カトルはカトルで、収納がコンパクトだったり、エンボスが綺麗にできるので、お気に入りですheart

カトルで抜きにくかったクイックカッツの、4×8と、4×4のダイもすっきり抜けましたheart
Dscf8243
結構蝶とか生徒さんから人気だったのですが、加工が必要で、量産できなかったので、これから量産したいと思いますheart01

そして、ショップでクリスマスセールでダイが本当にお得だったので、ついつい買ってしまったダイ達
新商品なのに、割引があったロングダイ、一目ぼれですheart04
Dscf8244
カットしても使えそうshine

セールではなかったのですが、今大人気のシジックスのフラワーダイ
カットしたところです
Dscf8231
これをくるくるくる~
Dscf8232
左がペーパーで、右がフェルトですheart不器用なのでまだまだですが、ほんと可愛くできますよwink
今日は皮もゲットしてきたので、皮でも作って見たいと思いますup

結構ダイやパンチが増えてきたので、自宅教室をもう少し増やしてみようかなぁ~と計画中ですnotes
来てくれる人がいたらですが(笑)

しばらくビックキックを、くるくるする日が続きそうですhappy01

| | コメント (7) | トラックバック (0)

道具の紹介 カトルバグ

今日は月に何回夜遅くおきてるか?ぐらい添い寝で寝る私が起きてますshine
それは今日手に入った、ダイを使いたかったので、必死に子供寝かしつけながら起きてみましたup
今日紹介したいのは、ダイカットマシンのカトルバグdiamond強そうな名前ですよねぇsmile
なんの機械かというと、型抜きマシンですね。
本体の画像はこちら
Dscf6676_2
緑色のが本体で、今日届いたロングダイ対応のロングパットも写してますcamera
これより小さいパットもあります。
他にもビックショットや、エピックシックス等ダイカットマシンがありますが、私が所有してるのはカトルバグです。結構優秀ですよheart04
もちろん本体だけでは使用できません。
型抜きを、ダイといいます。私の持っているダイを一部ですが紹介です。
Dscf6688
この薄いダイを、パットにはさんで、カトルバグでくるくる回すと、型抜きができます。
切り抜いた見本がこちら
Dscf6691
アルファベットや、動物、そしてロングボーダーも抜けるようになりましたshine
ダイカットを使って1作品作ってみましたheart04
Dscf6682_5

タイトルとボーダーは、カトルで抜きました。抜くペーパーをかえたら雰囲気が違うので、色々活用できますよup
ここから宣伝です。
教室では1作品作った後、時間があまれば、パンチで抜いたり、このダイカットマシーンでペーパーを抜いてもらったりできますheart04
自宅教室の場合は、全ての道具が使えますが、出張教室の場合は、持って行く道具、材料が限られますので、事前にこの道具で抜きたい!!とか、ご連絡ください。
特にダイカットマシンは、重いのと、取り扱いに注意が必要な場合があるので、大人数の教室の場合は、持って行かないことが多いです。
なので、使いたい場合は、連絡お願いいたします。
お問い合わせは、左側のお問い合わせからお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)